1/1

● サイン本予約受付 ちょっと踊ったりすぐにかけだす|古賀及子

¥1,870 税込

予約商品

発送予定:2023年2月17日 から順次発送

別途送料がかかります。送料を確認する

● サイン本予約受付ページ
● 発送は2/17から順次となります。

発行:素粒社
B6判 縦182mm 横128mm 320ページ 並製
定価 1,700円+税
ISBN978-4-910413-10-5
初版年月日 2023年2月27日

ウェブメディア「デイリーポータルZ」編集部員・ライターの著者による大人気ウェブ日記を書籍化。書き下ろしを含む2018年から2022年までの日記より、103日分をあつめた傑作選がついに刊行!

母・息子・娘、3人暮らしの
愉快で多感な〈日記エッセイ〉

【推薦のことば】
実験室みたいな、
RPGみたいな、
部室みたいな親子の時間。
あー、今からでも、古賀さん家の子に生まれたい!
――岸本佐知子(翻訳家)

目次
2018年
心の霧が晴れた隠喩
一緒に普通の量を食べて生きていこう

2019年
どこかの母の模倣だな
こんなでたらめな昼飯があるのか
雨のついた網戸に消しゴムなげてみ
「楽しいよ!」と書いてあると泣きそうになる
資産を有効活用して一日気分がいい
鋭角的にかわいい、鈍角的にもかわいい
水筒という家事がある
空気があったまって膨張したんじゃないの
俺はどうなってしまうのだろう
「あるなら食べる」ほど豊かなことはない
今日の3時ごろすごかった
クイズの脇が甘い
ケーキに隙間をみつけてくやしくて泣いた
0.5人の自分
みんなかわいいかわいいと言って見ています
思えばずっと誰かの歯が抜けていた
冷蔵庫ではないこれはタンスだ
フィクションは雑でも平和だが現実は優しいほうがいい
それでもサンタは強引に来た

2020年
横からスッとドラえもんが入ってくる
ぬいぐるみが助け
いつも私をどん欲に確認する
ていねいに細かく拾って牽制していく
月ばかりみているがそれがいい
椅子の下を這って通り過ぎた
屈辱要素なくわたしをパシらせて
決めてもらえると楽でありがたい
28年の月日を経て落第がむくわれた
子どもが子どもの世界の情報を交換している
なみへい、ふな
今日もかわいいですね
純粋なから揚げの行列
やることがなくて優雅
きっと一生なおらない
体はコンビニに入っていった
送り迎えのことばかり考えていた
気球の絵だ
ふたりで絶対に半分
夜中に目を覚ましたいからもう寝る
チャーハンに気持ちが集中した
いつも自分を気分よくしている
元服である
みんな歯を投げているらしい
ナンから煙が出ているぞ
心を揺さぶらない映画を見きわめる
塩で召し上がるのは後ろめたい
ちょっと踊ったりすぐにかけだす
つつみかくさない自意識
誰かが重いな
真逆の「屋」が来てしまったな
知ってるやつ以外ぜんぶうそみたい
サンタが誰かを知っている人にも来る
全身に力を込めて体をぶるぶるふるわせるから見てて
意外な思春期の来かたをしている
スーコー言わずに飲んでみよ

2021年
あとはエアコンだけある
いまいちばんどうでもいいこと
歯が小さいのだが
私だけが実情を知り不明を実感している、わかっている私がいちばんわかっていない
30秒は10秒が3個
歯の皮一枚
腸壁の側を皮膚にする
なにも起こらない予感
菓子パンは子にやる
糊を買いにいこうくらいの誘い
世界一の墓
餃子の数を数えて
とらわれなさが真実をつかむ
コロナ時代の買い食い
ピザが食べ足りないのは絶対に嫌だ
本当に家族で楽しいだろうか
午後7時25分、逮捕
らくだだと思っていますか?
世の中たいていのことはうまくいかない、なのに
ウーバーイーツのみなさんがぜんぶカブの出前だったら
まだまだ地力を出してはいないはずです
あらぶる群衆
さまざまな感情を一度に持たすなよ
ちゃんとしたファンの人が使う言葉
遊んで暮らさず商売を
治る自信のある肋骨

2022年
とりあえず子らにバナナを渡す
来たな待っていたぞ
前提としてとても明るい
すべてが謎のトラックが
確認して両替を頼む
安ジャムと高ジャム
ペットボトルを海に捨てない
心が遭難している
家のことは、なにもかも忘れてしまう
いないと本当にいない
壺のなかのグリーンカレー
奥にある真のおかえり
目にした景色を見せて
夜に帰る
無料のお菓子はかなしいか
ぬいぐるみは動の物
じゃあなにを食べていたのか
今日は絶対に死ねない
静かに静かに終わっていく
骨といわれたほうがよかった

あとがき

著者プロフィール
古賀 及子 (コガ チカコ) (著)
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。ライター、編集者。
2003年ウェブメディア『デイリーポータルZ』にライターとして参加、2005年同編集部に所属。『納豆を1万回混ぜる』『決めようぜ最高のプログラム言語を綱引きで』『アイドルの話はプロレスの話に翻訳できるか ~文化にも通訳が必要だ~』などを執筆。
2018年10月はてなブログで日記の毎日更新を開始し、2019年からは同人誌としての頒布も行う。日記は現在もnoteに不定期で更新している。

● 関連書籍
https://honnosiori.buyshop.jp/search?q=古賀及子

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (35)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,870 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品